タレントGuide,Net

タレントになるには?

タレントになるには、色々な方法があります。例としては芸能プロダクションにスカウトをされてタレントになる場合や、プロのスポーツ選手などが現役を引退してタレントになる場合、そのほかにも、劇団に所属していて俳優などとして活躍をした後に、タレントとしての活動の時間を多く当てている場合など様々な方法があります。

でも、先ずは自分が得意分野とする場で活躍をして、自身の個性やキャラクターを発揮することによって、テレビやラジオなどの担当者から起用されることを目指すと良いと思います。自分を売りとする能力がタレントには必要不可欠で、お笑い芸人養成スクールや音楽学校などで訓練をする選択肢などもあります。

プロになりたい!そのためには?

タレントになるには、先ずお芝居やテレビ、映画が好きなことが一番です。学歴や資格は必要ないので、正しい発生や、身体での表現などを人前で表現する者として最低限でも必要なスキルと、台本や脚本の読解やそれを見てくれる人を惹きつけさせるためには、それだけ魅力のある人にならなければいけません。

また、常に新しいことに挑戦をし続ける仕事なので、いつどこでも自分を磨き続ける努力が必要となります。

プロになるための6つのポイント

プロになるためのポイントとして以下にご紹介していきます。

体調の管理

タレント業というのは、常に体力が勝負の世界となります。遅刻や休んだりというのは出来ません。常に自分の体力をベストの状態に保っていけるように、体調などを自己管理する事が大切となります。

情報収集・想像力

役やキャラクターを作り上げるには、いろいろな知識とそこから生まれる新しい者を想像をする力が必要です。

柔軟性

考えは人それぞれです。縁起をするときにも相手の意見を受け入れることの出来る柔軟性や、素直な心が大切です。

挨拶

テレビや舞台など、映画のプロの現場には、いろいろなスタッフや共演者がいます。挨拶や礼儀などは、人とのコミュニケーションをとるには必要不可欠です。

明瞭な発音

表現の基本としては、はっきりとした発音や発生で聞く側に言葉をしっかり伝えることは最低条件となります。

持続力

タレントの表現力は一朝一夕というわけにはいかないものです。コツコツと続けることが大切となります。うまくいかない時だって、辛いときだってあるかもしれません。そんな時にこそ考えをプラス思考へと考えて地道に続けることが大切です。

タレントになる方法

オーディション

オーディションには北は北海道から南は沖縄まで全国各地からたくさんのタレント希望者が来ます。オーディションで受かりたいのなら、タレント養成スクールなどへ行って、ちゃんとした指導を受けることもおすすめです。

スカウトオーディション

いろいろな所のプロダクションの前で、自分をアピールしてどこかのプロダクションなどからスカウトをしてもらうオーディションの事です。スカウトオーディションには年齢制限があることが多いようです。オーディションの性質から言うと、若い内に挑戦してみるのがいいと思います。

注目サイト

Last update:2014/12/17